太陽光発電のメリットの比較

近年、地球温暖化対策と売電収入を目的に太陽光発電を導入しようとする動きが加速しています。
これに対して国や地方自治体も補助金などを支払い、積極的に導入を目指しています。しかしながら、この太陽光発電の補助金を比較すると各地方自治体の間で補助金の額に差があるようです。

例えば新潟県内でも新潟市と糸魚川市ではその補助金の額が倍以上のひらきがあります。この差が地域における普及を促進するスピードの差になると私は考えております。ですので、日本全体での普及を目指すのであれば、自治体ではなく国がもっと大胆に進めるべき事業であると私は考えています。

別の視点でこの問題を考察すると、一部のハウスメーカーではこの太陽光発電を前面にだしてアピールする業者もいて、民間企業でも普及に向けた動きが活発になっていることに驚きました。