金の価格は一体どうなっていくのでしょう

外国為替を見ていると、ユーロが危機に陥り、激しく上下していたり、
基軸通貨であるはずのアメリカドルが急激に下がるなど、安定しません。
かなりの知識が無いと、手を突っ込むと火傷をしてしまいそうです。
そう考えると、後から作られた貨幣でなく、古来から資産として考え
られてきた、金 価格を見ていたほうが、ユーロのように崩壊の危険も
ないですし、他の紙幣のように、紙に価値をつけているという危うい物でも
ないので、安心できそうですよね。
さらに、CFDなどのサービスがあるので、気軽に金 価格を取引できる
状況が整っています。
さて、この金 価格はどうなっていくのでしょうか。
安定感と、資産としての安心感を見ると、リスク回避資産として使われるので、
不景気の現在、期待できそうですよね。