ナースコールは昔に比べて導入がしやすくなっています

 これまで、ナースコールは大がかりな配線工事などが必要とされていたため、大規模な病院などでしか導入できないものとされてきました。
しかし現在では、システムの無線化が進み、ナースコールシステムを設置する施設の壁に穴を開けたり、すべての部屋に配線工事をしなくても済むようになったため、ナースコール システムの設置価格も以前と比べると割安になってきています。
さらに、ナースコールシステムの無線化は、システムを使う看護師や介護施設の職員などが簡単にシステムの子機を持ち運びすることを可能にし、また、ナースコールをどの患者や入居者が押したのかということまで判別できるまでにシステムを進化させました。
利便性の高まったナースコールシステムは、医療機関や介護施設等でのニーズがまずます高まりつつあります。