営業組織が未整備な企業も営業代行に委託して成功

営業マンが社長1人というような小企業の場合でも、営業代行への依頼で大規模な営業活動を効率的に行うことが可能です。目標は、全国のマーケットを押さえること。しかし、営業組織を構築した経験がない場合、新規の顧客開拓が急務にもかかわらず難航してしまいます。営業成績を伸ばしたいなら営業代行へ依頼をしてみよう。営業代行業者での現状分析は、営業活動のスピードと行動量の限界、業務委託での営業部員の増強など。提案した対策は、小回りのきく人材を業務委託で営業部員として採用すること、テレアポロールプレイングや営業実践ロールプレイング、商品理解を含めた営業基礎研修の実施、商品を効果的に伝えるための営業ツールやトークスクリプト、行動管理表などの作成と整備、また営業マネジメント業務のサポート。短期間で、前年度を上回る営業効果を上げる結果となりました。